白土三平絵文学
情報
※2012年10月19日(金)、小学館からMy First BIG Special「忍法秘話 大摩のガロ」発売(第1巻、コンビニ本)。450円(税込)。
※2012年11月16日(金)、小学館からMy First BIG Special「忍法秘話 イシミツ」発売(第2巻、コンビニ本)。450円(税込)。
※2012年12月6日(木)、講談社から「「ガロ」「COM」漫画名作選1 1964-1970」発売。1344円(税込)。
※2012年12月21日(金)、小学館からMy First BIG Special「忍法秘話 シジマ」発売(第3巻、コンビニ本)。500円(税込)。
※2013年1月18日(金)、小学館からMy First BIG Special「忍法秘話 スガル」発売(第4巻、コンビニ本)。550円(税込)。
※2013年2月15日(金)、小学館からMy First BIG Special「忍法秘話 剣風記」発売(第5巻、コンビニ本)。550円(税込)。
※2013年2月25日(月)発売の雑誌「ビッグコミック」3月10日号(創刊45周年記念号)にコメント。310円(税込)。
※2013年3月5日(火)発売の雑誌「キネマ旬報」3月下旬号(No.1632)にコメント。890円(税込)。
※2013年3月15日(金)、小学館からMy First BIG Special「忍法秘話 奇剣崩し」発売(第6巻、コンビニ本)。550円(税込)。
※2013年3月29日(金)、小学館からビッグコミックススペシャル「ビッグ作家 究極の短編集 白土三平」発売。700円(税込)。
※2013年4月6日(土)、金の星社から「漫画家たちの戦争4 戦場の現実と正体」発売。3360円(税込)。
※2013年5月29日(水)、「少年忍者 風のフジ丸 DVD-BOX デジタルリマスター版 BOX1」発売。25200円(税込)。
※2013年6月3日(月)、講談社から発売の「水木しげる漫画大全集」第1回配本に解説。
※2013年6月28日(金)、「少年忍者 風のフジ丸 DVD-BOX デジタルリマスター版 BOX2」発売。25200円(税込)。
※2013年6月30日(日)発行の季刊情報誌「エンジョイライフ ゆとりっち東信版」夏号(vol.70)にコメント。
※2013年7月25日(木)、小学館クリエイティブから「漫画が語る戦争 戦場の挽歌」発売。1575円(税込)。
※2013年8月6日(火)、17日(土)、21日(水)、27日(火)、9月16日(月)、衛生劇場で映画「忍者武芸帳」をハイビジョン放映。
※2013年8月29日(木)、秋田書店から秋田トップコミックスWIDE「忍法十番勝負」発売(コンビニ本)。400円(税込)。
※2013年9月10日(火)、ちくま文庫にて四方田犬彦著「白土三平論」再発売。1050円(税込)。
※2013年9月中旬、ビッグコミック創刊45周年記念、visualog「カムイ外伝」Tシャツ、iPhoneケース発売。
※2014年1月11日(土)、小学館からMy First WIDE「忍者武芸帳 影丸伝 落城編」発売(第1巻、コンビニ本)。620円(税込)。
※2014年2月13日(木)、小学館からMy First WIDE「忍者武芸帳 影丸伝 放浪編」発売(第2巻、コンビニ本)。680円(税込)。
※2014年3月13日(木)、小学館からMy First WIDE「忍者武芸帳 影丸伝 不死鳥編」発売(第3巻、コンビニ本)。620円(税込)。
※2014年3月、金の星社から「漫画家たちが描いた日本の歴史1 古代・王朝絵巻」発売。3360円(税込)。
※2014年3月、金の星社から「漫画家たちが描いた日本の歴史2 戦国乱世」発売。3360円(税込)。
[WEBSITE OUTLINE] ここは白土三平、氏の作品に関係するデータを全て出版物より集めたファンサイトです。作家やその作品への理解、体系的研究を手助けするための情報サイトであり、主目的は作品自体を多くの方々に楽しんでいただくことにあります。なお作家本人、その関係各氏とは一切関係ありません。名前は内容の性質上敬称略をさせていただいている部分があります。また、書影や一部その内容を扱っておりますが、営業目的などは一切ないことをご了承の上お許しいただきたくお願い申しあげます。間違いなど、なにか気が付くことがありましたらメール掲示板で教えてもらえると嬉しく思います。

当サイトは管理人(くもりの日々)の知る限りの情報を基に構成されております。 当サイト内の画像・その他の著作権は表記の出版社、著作者、または管理人が所有しております。 当サイト内画像への直接のリンクや、他サイトでの二次使用を禁じます。 全ての引用画像に出典を明記しております。このサイト上にある限りそれらの責任は管理人にあります。

文責について。他サイトにそのまま転載され、責任が持てなくなってしまっている情報をみることが多々あります。このサイト内にある限り元資料からの情報の取捨選択を問われた場合、私は把握しているので答えられますが、誤った情報が混在している可能性もあるので不明な部分は質問を、そして引用される場合は必ずこのサイトからのものだという注釈をお願いできればと思います。そういった事情からサイト内では右クリックメニュー自体出ないようにし、引用の多い一部のページではショートカットコピーも出来ないようにしてあります(この場合アラートが出ます)。サイト内の頁を引用される場合はURLアドレスへのリンクでお願いします。一部のページが検索エンジンに掛からないようになっているのも仕様です。ご了承ください。

当サイト内では貸本屋向けに製造された単行本(初期B6版、後期A5版)を「貸本」と表記し、それ以外のものを「単行本」と、分けて表記しています。このサイト上には、2012年までに発行された単行本をすべて載せています。貸本については貸本マンガ史研究会発行の「貸本マンガRETURNS」(ポプラ社)で基本的な情報が理解出来、もっと詳しく知りたければ同研究会の季刊誌「貸本マンガ史研究」にも触れられることをお勧めします。

「発売・発売日」 … 実際に発売された日付。(例:雑誌「月刊漫画ガロ」9月創刊号は1964年7月24日に発売された)
「発行・発行日」 … 書籍に記載の日付。「初版」というのも同じ。(例:雑誌「月刊漫画ガロ」9月創刊号の奥付には「昭和39年9月1日発行」と記載がある)
「脱稿・脱稿日」 … 作品末に作者が書いた日付。これは作品完成日とも言い切れず、白土が下絵までを完成した時点のものもある。後になって描き直した場合や、コマを切り貼りし改稿をした場合もこの日付が改められることはない。初期作品のものには、後からの推測で追記されたものもある。

・価格表記はその書籍が発売された時点の「定価」を載せている。よって1989年4月1日の消費税法施行後は発売時の税込価格を載せている。
・年号表記は元号ではなく西暦主体で統一しているが、特に理由はない。(例:昭和39年→1964年)

縦に長い頁が複数あるので、戻る場合は「Back Space」キーに指をかけておくと便利です (^^